2009年04月20日

はじめての般若心経


(変な人の話 シリーズ2)


本日、はじめてお寺さんの読む「般若心経」を聞いた

知識として、言葉では知っていたけど、聞くのは初めて。

hannniya.jpg


般若心経とは最も有名な仏教のお経です

中でも最も有名ななのが・・・

「色即是空」

と言う一節でしょう



その昔、アサヒドーカメラのCM で使っていたので言葉は知ってた。



意味は・・・・・

いろ すなわち これ くうなり
「色」「即」ち 「是」「空」なり


と読みます



色=目に見えるcolorではなく、「現象や物のすべてを指す」


「世の中のすべてのものは、実体のない空虚なものだ」

という意味らしい。




噛み砕いて言うと

貴方が「悲しい」「つらい」・・・と思うことも

ずべてに、そんな実体はなく、心が決め付けているだけであると。。






面白いと思うのは、色即是空のあとに

「空即是色」といっていること


「空とは即ち、是れ色なり」



関西人なら

「どっちやねん!!」

と突っ込みたくなるよね。




でもね、私の周りの成功者たち・・・

おそらく100%が

「俺はツイている!」「運がいい」「皆に助けられた」

と言葉にしているんだよね


つまり「空」が「色」になった!




なるほど、面白いことを言うと思う
posted by げんき at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記