2010年02月03日

男の脳は「欠陥脳」だった


会社に勤めて、家業を継ぎ、結婚をして、今日現在がありますが、
 ”難しいなあと思うこと”のひとつに

「男女の違い」 が有ります

家庭で、仕事で、???な事 悩んでいたときにふとこの本を読んで
大変面白かった記憶があります。

今日は本の紹介

 男の脳は「欠陥脳」だった 大島清

2010-01-16 11_29_43.jpg

大体、調子こいているのが男(私もそうです)
偉そうにしている男にとって、「欠陥」と言われるのは心外ですが
へりくだって冷静に見てみると、

自分の気持ちの持ち方、接し方に思うモノがある

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
ユーザーレビューの引用をします


京大名誉教授であり,大脳生理学の権威である,大島清氏による,男と女の脳の違いについて,大胆な仮説に基づいた痛快な本.

 男女の違いは,脳にあり!!
 女脳から発達した,男脳は「欠陥脳」である.
 女脳は左右の脳をバランスよく使えるが,男脳は一度に片方しか使えず,偏りがある.大脳新皮質(理性)の満足のみに走りがちな男脳が
現在社会の問題の数々を生み出した.新しい社会のパラダイムを生み出すのは,女脳の「バランス感覚」だ!!
 楽しい話題も満載;
  失恋のときなぜ女性の方が男性より立ち直りが早いのか?
  なぜ女の子はおませなのか?
  なぜ男と女が話がかみ合わないのか?
  それでもやっぱり引かれるのか?

 世の女性陣,もっと女脳独自の力である,しなやかで,うつくしく,たくましく,豊かな魅力をもっともっと発揮して世の中,幸せな社会にしちゃいましょう!!と叫びたくなる,大変楽しくなる本です.恋人との意志の疎通が上手く行かない人,異性の上司部下とコミュニケーションがうまくいっていない方,仕事の企画に行き詰まりを感じている男性(女脳に学びましょう!!),そして,全ての人を愛する人々、必読です.


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2010-01-16 11_30_18.jpg

amazonなら中古で 1円から有ります。
有難い本でもないですが、楽しい気持ちになれます 
如何ですか?


http://www.amazon.co.jp/%E7%94%B7%E3%81%AE%E8%84%B3%E3%81%AF%E3%80%8C%E6%AC%A0%E9%99%A5%E8%84%B3%E3%80%8D%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F-%E5%A4%A7%E5%B3%B6-%E6%B8%85/dp/4915872394/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1263609084&sr=1-1

posted by げんき at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記