2010年02月17日

「なんで一段一段なんだろう」

オリンピックのドラマが続きますが・・・
これはモーグル上村愛子選手の名言ですね。

私たちが想像も出来ないほど、
生活のすべてをこのオリンピックに向けて集中し、
犠牲を払って来たのだろう。


「オリンピックに出ることに意義がある」

というのは奇麗事。 誰もが

「表彰台に上がる自分を夢見て練習に励んだはず」

しかし
金メダルは一人、銀、銅も一人しか居ません

    ◆

テストで99点と100点では何倍も価値が違うと思いますが
金メダルを取るのには他の選手の何倍努力すれば良いのだろう

おそらく
上村愛子さんは、メダルを取るつもりで何倍も努力した

しかし、結果は・・・惜しくも4位

7位→6位→5位 そして4位

心から「どうして一段一段なんだろう」
と思ったに違いない


2010-02-16 08.06.49.jpg


私も
「これだけ一生懸命やっているのに・・・」と思うことは良くある。

お客様に喜んでいただくように、
「ここまでやった!」「全力で頑張った!」

つもり・・・

しかし、結果は思うように付いてこない・・・
他の選手に負けているのだ・・



でも
 一生懸命やらずしては、

 「出場すら出来ないだろう」


4位は悔しい、
しかし、全力で戦ったことがわかるから
見ている人は感動するし、美しい。


 私も、「金メダルがもらえる様に」

    「感動が与えられるように」

 一生懸命やろうと思う。




おまけの一枚

 
neko1.jpg

 <ニャンで、一段一段ニャンだろう・・・>


posted by げんき at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35357900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック